プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

千葉の郷土料理店のオーナーをしております。
地元の食材の紹介や、伝統料理の伝承ができればと日々頑張っております!

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

飲み物/お酒 Feed

2008年9月25日 (木)

古酒礼讃の日蓮


鎌倉時代に日蓮上人が信徒におくられてよろこんだ男女の礼状に

「人の血を絞れる如くなる古酒を、仏、法華経にまいらせ給える女人の成仏

得道疑うべしや。」とあり、上人はよほどの酒好きであったとみえる。

南総に上人の誕生寺があり、もしかしたら?と勝手に歴史に思いを馳せて

素晴らしい熟成酒、用意いたしました。

穏やかな時間が造りだした千葉の文化財、飲んでみませんか?

功徳があるかもョ””

2008年9月24日 (水)

長期熟成酒研究会

朝日カルチャー「酒と食」の講座は、

受講生の方々をお連れして酒の会に出席、

今日の長期熟成酒研究会を育てた本郷信郎顧問に

「熟成酒」について、語っていただいた。

日本酒は一年で売り切るものという過去の常識があり、

「古酒」は長い間、日の目を見ることがなかっった。

とくに明治時代は戦争のため「造石税」

(酒を造った時に課税され、しかも今より重税)が設けられ、

酒税を払ってまで酒を熟成させることは不可能となったため

市場から熟成酒は消えていった。

酔うことやウサ晴らしを目的とした飲み手には無縁の世界だ。

新酒のみならず熟成酒の理解、復興のためのこの研究会こそ、

文化人ではないかと思う。

時が造る酒を存分に堪能できた。

2008年8月10日 (日)

ふるさと文化大学の(酒と肴)の会

8月は、ふるさと文化大学のカルチヤーは夏休みなのですが、   
羽衣組の納涼会があり、今そのメニューを考えています。 
名前のとうり、素敵な女性の多いクラスです。 
授業の内容は、おいしい酒と肴を味わいながら、日々の憂さを晴らすという
なんとも、幸せな時間をすごしています。お酒の力はすごい?
ストレスや不安感と言う現代病を流してくれるのですから・・・
実は私が一番楽しみにしているのかもしれません。月曜日待っています!
     

千寿惠 のサービス一覧

千寿惠
  • TEL050-3476-0334